西日本日紅株式会社 西日本日紅株式会社
最終更新日: 2019年 06月 25日

社長からのご挨拶

会社概要

沿革/あゆみ

事業所/アクセス

ニュース

従業員募集

問い合わせ先


著作権について

内容について

ニュースダイコンを輪切りにすると真に黒いスジ
2009 年 12 月 ダイコンを輪切りにすると真に黒いスジ

≪配信メール≫
 (中略) 長年に亘りダイコンを栽培していますが、数年前からダイコンを輪切りにすると真に黒いスジが入っていたり、皮と肉の間が黒くなったりしています。また、生長が止まり、芯止まりとなる事もあります。堆肥を入れて土壌改良していますが、どうしてなのでしょうか?

≪回答メール≫
 ダイコンは、ホウ素を大変ほしがる作物です。即ち、症状からするとホウ素欠乏だと思われます。ダイコンを栽培していく上で最も必要な成分は、窒素、リン酸、加里の三要素ですが、その他にホウ素、マンガン、亜鉛などが必要となります。もちろんこれらの微量要素は、多量に必要ではありませんので土作り段階で施用される事をお勧めします。

●ホウ素欠乏の発生しやすい畑の条件
@砂質の土壌においては、雨水などによりホウ素は欠乏しやすくなります。
A乾燥土壌においてもホウ素は欠乏しやすくなります。これは、乾燥土壌においてはホウ素が固定されやすく、ダイコンが吸収しにくい環境となるために症状が現れます。
Bアルカリ土壌においては、ホウ素が溶出しにくくなり、ダイコンが吸収できなくなります。このような土壌においては、カキ殻や消石灰などの石灰質資材施用を控えて下さい。


また、植え付け前には、土壌分析を実施される事をお勧めします。我々人間においても年に一度は定期健診を実施するように、畑においても同様です。弊社におきましても土壌分析のご依頼は賜っておりますので、営業スタッフにご相談下さい。